富士山  ③

山頂を後にして、そのまま9合目の万年雪山荘に戻りました。
このままキャンセルして下山しようかという案もあったのですが、やっぱりご来光は外せないと思い宿泊することにしました^^
で、元気があったら夜中に出発してもう一度頂上に行ってご来光を見よう!という案もありましたが・・・

それはすぐに却下です(笑)

もう一度行く元気はありませんでした^^;
なので残念ですがプリンスルートで宝永山というコースも取りやめになりました。いつかまた。

万年雪山荘にチェックイン。
c0171790_21514731.jpg

今夜の寝床に案内されました・・・・。2段ベッドの上段です。
c0171790_21423472.jpg

「ここに8人寝ます!」と。
「ここに8人ですか??」思わず苦笑い・・・。連休の富士山、これが現実です、とほほ。
(写真はベッドのだいたい半分が写ってます)
c0171790_21431043.jpg


結局端から、外国人の男性、若者男性、その母(?)、その娘(?)、私、Tomo、カップルの男の子、女の子の順で8人並んで寝ました。
狭いっ狭すぎる・・・・これが山小屋の現実なのですね・・・・。
普段でさえ外でなかなか眠れない私は疲れてるのに全く眠れる気がしませんでした。

夕食はみんなでまとまって食べるのではなく個人が適当に食堂に行って食券で交換してもらって食べるという形式。
夕ご飯はカレーでした。美味しかったけどちょっと寂しい、お腹にも足りませんでした(涙)
c0171790_21481960.jpg


そして夕食後しばらく外でのんびり。
c0171790_228824.jpg


でも、ご来光の出発に備えみんな早く寝るので一緒に寝ることにしましたが・・・案の定全然眠れず><
ツライツライ何時間かを過ごしていました。
どうにもこうにも我慢できずTomoを起こして外へ。

 「はぁ~やっと助かったぁ」 

外に出た時は心からそう思いました。

脱出して出てきた外は、下界の明かりと満月の月と星がキレイでした。
c0171790_21492517.jpg


お腹も空いていたので、たぬきうどんを食べて(たしか800円)これがとっても美味しくって、生き返る^^
でも、食堂も9時で閉まるようで、しぶしぶベッドに戻りました。

結局2時間くらいはウトウトしたようで1時過ぎに起床。
ご来光で頂上へ出発する人たちを見学(笑)見てるだけでもワクワクして楽しかった★
ヘッドランプの列を写真に撮ってみたかったのです。
真夜中にぞくぞくと登ってきます。富士山だわぁ!!
c0171790_21525673.jpg


c0171790_21522763.jpg


c0171790_21532618.jpg


夜中の標高3500m超とは思えない人の多さ、というか山荘前は動かないほどの渋滞でホントに驚きました!!
ホントだったらこの渋滞の中を頂上に向かってたんだね。
あまりよく写ってないけど、頂上へ向かう光の列です。
c0171790_21575190.jpg



その後も写真を撮ったり、
朝ご飯を食べたり(お弁当です。お茶もついてるのがすごく嬉しかった。美味しかったです^^)
c0171790_21592860.jpg


みんないなくなって広くなったベッドでのんびりしたりしてご来光を待っていました。

山荘の人に聞いたら、東の方へ行けば9合目でもご来光は見えるとのこと。
頂上で見られなくたっていいよね~。

ご来光は4時半頃とのんびりしてたら外は明るくなってました。
急いで山荘の東側へダッシュ。はぁ~・・・この時はかなり焦って息が切れました。

そのおかげで、素晴らしい景色が!!!
c0171790_22375513.jpg


c0171790_22381382.jpg


c0171790_227957.jpg


c0171790_754243.jpg


c0171790_2275383.jpg


ご来光はもちろんキレイだったんだけど、影富士がものすごく美しくて見惚れました。
Tomoの後ろの空に富士山の影が映っているのがわかりますか?
c0171790_2284380.jpg


c0171790_22131348.jpg


c0171790_229383.jpg


c0171790_22133965.jpg


そのまま下山。
富士宮コースは登りと下りが同じコースなので、すれ違いが他のコースより大変なのですがこの時間は穴場でした。
登ってくる人もまだ少ないし、下る人も少ないのでわりとのんびり。
c0171790_2217514.jpg


景色はずーっと良かったなぁ。
c0171790_22172557.jpg


c0171790_22174515.jpg


しかし、今回の下りは今までになく左膝痛が出て辛かったです。
何度も立ち止まり、休憩しながら下りました。
でもあんなに痛かったのに、次の日には何事もなかったかのように全く痛みは消えていました、なぜ?
でもあの後膝のサポーターを購入しました。
c0171790_2218196.jpg



帰りに富士川SAから見た富士山は大きくて、あの頂上にいただなんて、なんだか全然信じられなくて、とっても不思議な気がしました。
c0171790_2234436.jpg


でも確かにあの頂上に立ったのです!!
c0171790_22541269.jpg

c0171790_22555684.jpg


嬉しいね。今考えてもすごく嬉しい気持ちがいっぱいです。
いつかまた、みんなを連れてもう一度登りたいです。
みんなにもこの感動を味わって欲しい。
登った時よりも後からもじわじわと嬉しくなる、そんな富士山はやっぱり日本一!!
c0171790_15331354.jpg

[PR]

by pocomar | 2011-07-27 22:46 | 山登り