カテゴリ:山登り( 56 )

北岳 その1 

9月18日~20日まで2泊3日で北岳に行ってきました。
前日は私が半日仕事でTomoは有給とって、夕方4時過ぎ自宅を出発!

22時過ぎ八ヶ岳PAに到着して仮眠(高速料金1000円を待ち) 0時過ぎて芦安の市営駐車場へ。

1時、トイレもあってバス乗り場にも近いという第3駐車場はすでにいっぱいでした。
テント張ってる人たちもいてなんだか楽しそうな雰囲気だったな~。
運良く第1駐車場がまだ空いてて、そこで車中仮眠。

朝1番のバスに乗ろうとバス乗り場に向かってます!
今日は荷物がめちゃめちゃ重い。担ぐ直前に更にプラティパスに2ℓも水を追加したしなぁ・・・
駐車場からの下り坂、なんだかふらついてます~(笑) でもまだこの時は元気♪
c0171790_186559.gif


のんびりしてたら朝一番5:10のバス(1000円・バスは3台くらいいたんだけど)はすでに待ってる方でいっぱいでした。4時過ぎにトイレに行った時もう何人も待ってたもんね。
乗り合いタクシー(1100円)も次は6時40分だよって。
次の5時40分のバスを待ちます。
*ちなみに、バスだと荷物は膝の上に載せてないといけないけど、乗り合いタクシーは100円高いだけで荷物は荷台に載せてくれるのでこっちがラクです。
c0171790_1862128.gif


芦安から登山口の広河原まではバスで1時間。
みんな大きな荷物だし、立って乗る方もいてバスはギュウギュウ。

広河原に到着して、トイレを済ませ(とってもキレイ)朝ごはんのオニギリとパンを食べて
7時30分 広河原出発。
よく写真で見る吊り橋を渡り大樺沢コースを二俣に向かって進みます。
c0171790_1874941.gif


大樺沢は沢沿いの素敵な登山道なのですが・・・ずっと登ります。

出だしからなんとなく調子が上がらず・・・・。

いつもより荷物が重いせいで、何てことない段差をひとつ上がることがキツイキツイ。
ガッテン歩行も全然効きません。演歌歌ってる余裕なし(笑)
ゆっくり歩いても全然ラクじゃなーい。
なんか写真映りも傾いてるし^^
とにかく必死に歩きました。
c0171790_1895461.gif


二俣に近づいてきて景色も開けてきました。
こういう景色を見ると、ちょっと元気が出るんだけどね。
c0171790_13241846.jpg


登山者は次々とやってきます。
いったい何人の人が北岳にいるんだろう?
c0171790_13243433.jpg


二股ちょっと手前で休憩。
この日の予定は、二俣から右俣コースを通って肩の小屋まで行ってテント泊予定でした。
でも、ここから更に3時間近く歩ける気がしない・・・。

Tomoに相談すると、二俣から30分で白根御池小屋だと言うじゃないですか!!
「今日は御池小屋に泊まろうよ」って言ったら「賛成」って。Tomoありがとね~。

良かった~!! 
c0171790_20232029.gif


それにしても、疲れた顔してるね~(笑)
この日の私、ほんとにヘタレでした・・・・
c0171790_20233934.gif


10:00 二俣通過。
c0171790_18105298.gif


使わなかったけどバイオトイレがありました。
モーターのようなすごい音でびっくり。
音はすごいけど、この位置にトイレがあるのは嬉しいなぁ。
c0171790_1811816.gif


二俣からは緩やかに登ったり下ったりしながら、
10:30 白根御池小屋到着です♪♪
c0171790_2003791.gif


ホント今回は、小屋に着いてホッとしました^^
テントを設営してのんびり。
景色はイマイチだけど、ここのテント場は平らだし、風もないし、トイレはとってもキレイな水洗だし、
なんと言っても
南アルプスの天然水がタダで使い放題!!
素晴らしいぃ~。
2ℓ+水筒の水担いできたのにー(涙)無駄な努力でした。
c0171790_18113720.gif


c0171790_18173387.gif


昼ごはんは、ペンネにバジルソースとツナ + 白湯春雨スープ(酢とラー油プラス)
c0171790_18174836.gif


夕ごはんは、アルファ米の五目ごはんに目覚ましカレーのせ + チョリソー + シジミみそ汁
c0171790_18184478.gif


スープは何種類か持って行ったけど、シジミのみそ汁が今回一番美味しかったなぁ。
c0171790_18185983.gif


寝て、食べて、ワイン飲んで、寝て、食べて・・・だらだらしてるうちに夕方になりました^^

そして、めでたく明日もこちらに泊まることに決定^^
軽い荷物で北岳山頂を往復することにしました~♪♪ 

ちょっとほろ苦の北岳初日。
明日こそ楽しんで山歩きが出来ますように☆ 

その2 へ続く
[PR]

by pocomar | 2010-09-24 16:53 | 山登り

北岳に行ってきました!

連休は北岳に行ってきました!
そして、無事今朝下山してきました。

c0171790_836145.gif


色々勉強になった今回の北岳。
荷物は軽く、筋力はもっともっと向上しないといけないことがよ~くよ~くわかりました(苦笑)

でも、こんなゆるやか北岳登山もありだなぁ~。(私的には全然ゆるやかじゃないんですけどね^^)

レポートはぼちぼちと作っていきたいと思います。
[PR]

by pocomar | 2010-09-20 22:47 | 山登り

武奈ヶ岳 1214m  【滋賀】

燕岳の翌週の7月25日(日)は、近所の山でもう一回ガッテン歩きを試してみよう!ってことで(笑)
比良山系の最高峰武奈ヶ岳に行ってきました。

前に誰かのブログを見たときの印象がすごく悪くて・・・・(けっこう無茶してるブログだったんだけど)危険な山だという印象がしっかり私の頭の中に入ってしまっててなかなか行く気になれずにいた武奈ヶ岳。
よくよく調べてみたら行こうと思ってるところとはコースが違ってて、
今回は安全なコースで行こう!ということで決まりました。

高島にあるガリバー旅行村から出発です。

登山者用駐車場も広々あって、入口のおじさんも優しいし、好印象^^
c0171790_23473622.gif


比良山系はけっこう遭難が多いよう。滝がある方の道が私の印象を悪くした危険そうな道のようです。
登山者カードを記入して出発。

これを書いてる時もガリバー旅行村の職員さん何人かが声をかけて下さいました。
「武奈ヶ岳ですかー?お気をつけて~」って。
20代くらいの男の子2人組みも同じ頃、8時に出発。
c0171790_2348080.gif



緩やかな林道から始まります。
林の中だけど、やっぱり暑い・・・・。
今日もゆっくりゆっくり進みます。
c0171790_23244863.gif



ここで滝のほうに行くのと広谷に行く方に分かれます。
八淵の滝、大摺鉢のところの沢を渡って広谷方面へ。
地図を見て勝手に橋があるものと思っていたので、ちょっとびっくり。
岩に足場が付いてるところを鎖につかまって渡ります。
けっこうな流れだけど、渡ってみれば意外と行けます^^
c0171790_23251812.gif



登りが続く。
c0171790_23255452.gif



この日はお水を3ℓくらい持ってきたけど、暑くて減りが早い。
象印のステンレスボトルに入れてきた冷えたヴァームが美味しすぎる!
c0171790_2326322.gif



歩いてると、時々とっても気持ちの良い風が吹く場所が所々あります。
それだけで嬉しい。
c0171790_23265531.gif



前の週の燕岳の登山道は全く迷うようなところはなかったけど、武奈ヶ岳はそれに比べると難しかったです。
赤い目印のテープを見て、先を考えながら歩かないと迷ってしまいそうな所が何箇所もありました。
広谷周辺は特に難しかった気がします。
c0171790_23273316.gif



頂上手前の最後の急登、ここが一番暑くて辛かったぁ。
c0171790_23274894.gif



あともうすぐ?
c0171790_2328933.gif



稜線に出てくると、見晴らしもいいし、風が出てきます。
c0171790_23282432.gif



頂上が見えた~!!
c0171790_23283935.gif



10時40分登頂。
c0171790_23285786.gif


あんなに暑かったのに、頂上は風があって涼しぃ~。
頂上で食べるオニギリは、やっぱり最高です^^
今日はセブンイレブンの梅と紅鮭のオニギリと小倉マーガリンのコッペパンを半分ずつ。
山は食欲が出ちゃうね~。
c0171790_2329946.gif



頂上で40分くらいのんびりして、帰りは細川越方面を下ります。
c0171790_23302087.gif



トンボがたーくさんいました。
c0171790_23304190.gif


このコース、途中からずーっと沢沿いを歩きます。とってもとっても澄んだキレイな水です。
暑い日にはこの沢の流れてるのに救われます。
Tomoはさっそく靴下脱いで水に足入れてました。
c0171790_23305677.gif


あんまり気持ち良さそうだから、私も片足だけ。
「気持ちいぃ~!!でも冷たーい!!」10秒もつけてたら冷たくて痛くなります。
c0171790_23311114.gif


この冷たい水で、水筒のお水も冷えるかなぁ?と・・・・ん~微妙に冷えたかも^^
c0171790_23312752.gif



行きは慎重に考えながら進んだ道も、なぜか帰りは迷うことなくスイスイ勧めます。
下りの方が見晴らしがいいし、一度通ってるところもあるから進む道が分かりやすいのかもね。
c0171790_23314254.gif



着いたら冷たいジュースを飲もう!何飲む?何飲む?って話で盛り上がりながらどんどん下ります。
c0171790_23321357.gif


14時頃、ガリバー旅行村到着。

結局なつかしのスプライトを飲みました。
もう、何より美味しかった!!
山に行くと、普段では味わえない美味しい感動もあるんだよねー^^

今回は、暑さでやられた気がします。
でも、やっぱり今までより全然ラクに歩けました。

涼しい時期なら楽々???なんて、勝手に思い込みながら今回の武奈ヶ岳終了です。




オマケのガリバー旅行村顔出しパネル ♪♪
c0171790_23104010.gif

[PR]

by pocomar | 2010-08-01 22:57 | 山登り

燕岳 その5 翌朝

いつもながら、また熟睡できずに朝を迎えました・・・・・。
目覚ましなしで3時半に目が覚めた。

なんで家ではあんなに眠れるのに、テントや山小屋だと眠れないのかなー?不思議だね。
今回は、山小屋なのにイビキの大合唱もなく静かな夜でした。

4時には外へ。

お天気良さそうだね~。
気温はかなり低かったです。
寒い中、たくさんの人が起きてご来光を待ってました。

c0171790_13273844.gif


今日も富士山が見える。
町の明かりも見えます。
c0171790_13283220.gif



c0171790_13291020.gif



ちょうど太陽の所に雲がかかって、日の出はちょっと分かりにくかった。
c0171790_13292930.gif



c0171790_13294782.gif



c0171790_1330327.gif



反対側の槍も夜が明けてきたよ~。
c0171790_13302369.gif



向こうに見えるのが大天井ヒュッテかな?
まだ私は縦走したことないけど、初縦走はここから大天井、常念、蝶ヶ岳のコースに行ってみたいなぁ~
気持ち良さそうだなぁ^^
c0171790_1332237.gif



朝焼けの燕山荘もとっても素敵♪♪
c0171790_13322342.gif



c0171790_13475423.gif



これが、朝ごはんでした。
山の上なのに、ふんわりと焼けた美味しい鮭だった^^
c0171790_13324397.gif



6時半下山開始!
c0171790_13484515.gif



c0171790_13331161.gif



c0171790_13332730.gif



c0171790_13334335.gif



実は帰りにも合戦小屋でスイカ食べちゃいました。
だって・・・行きに食べたスイカがあまりにも美味しかったから。
やっぱり登りのときの方が美味しかったな。
c0171790_133411.gif



けっこう下山道は混んでました。
若者達は早いので、どんどん追い越してもらって、のんびりのんびりと。
やっぱり下りは苦手。

あ~急な登りだったんだなぁって下ってるときに痛感しました。
後半は前を歩いていた、おじ様グループのペースが好きで、ずーっとくっついて下って行きました。これがラクでいい。
c0171790_13342395.gif



9時半過ぎ、無事下山。
やぁ~もの凄く暑かったぁ~。
下山口のすぐ傍にある中房温泉の日帰り温泉に入って2日間の汚れを落としてすっきりサッパリ!
ホントにすぐ傍で助かります^^

お風呂上りに食べたかき氷、イチゴ練乳かけがものすごく美味しくて。
登りの合戦小屋のスイカの次に美味しかった!!
c0171790_13344065.gif



あんまり早くに下山してきたのでバスまで2時間以上あり、タクシーで帰ろうか、どうしようか、誰か穂高駅まで帰る人いないかなぁ・・・・とりあえずタクシー乗り場行ってみようか、と歩いてると・・・

おばさまに声をかけられました。
おばさま2人はしゃくなげ荘まで行くとのこと。ということで一緒にタクシーで帰ってきました。
バスよりちょっと割高だけどラッキー!!
おばさま2人は新潟の方でした。ちょっと嬉しい。

帰りはお蕎麦を食べて、その後マックでポテトLとシェークも一人1つずつ買って(どんだけ食べるの??)大満足で帰りました。
山に行くと
「運動したから食べても大丈夫、大丈夫」と言いながら・・・・運動した以上にカロリー摂ってる~。
で、結局また今回の山でも太って帰ってきてしまいましたー(涙)
c0171790_1334576.gif



行けないとあきらめてたのに、こんなに良いお天気になって、楽しく山登りが出来て、今回も本当に楽しかったです。
ガッテン歩き、これからも続けていって、

いずれは健脚目指します!! 
[PR]

by pocomar | 2010-07-30 16:52 | 山登り

燕岳 その4 燕山荘での過ごし方

山頂から戻ってきたら、燕山荘のお掃除も済んでてお部屋に案内してもらいました。

本館の2階です。
こんな風に二段ベッドのようになってて、一区画に6人くらい泊まれるようです。
今回はのびのび若者夫婦と4人使用でした。
c0171790_1747115.gif


けっこう広々してて寛げます。
窓際キープ!外の様子が見えて楽しい。
布団は全然臭くなくて(笑)敷布団を敷いて、そこに寝袋みたいなお布団を敷いて中に入って寝ます。
c0171790_17445148.gif


そうそう、これが食券です。かわいい!
泊まってる人が多かったから、到着順だと思うけど、3回か4回に分けての夕食になりました。
我が家は第1回目の5時からです。
c0171790_17481595.gif


まだ13時くらいだったので、ちょっと寝ようかと思ったんだけど興奮してて全然眠れなくてサンルームにうろうろと出かけました。
なんか美味しそうなメニューがいっぱいあるー!!
c0171790_17484626.gif


とりあえず
生ビールとチューハイと
c0171790_17561456.gif


カレーです。 
c0171790_1756323.gif


おいしぃ~!! 
大満足^^
c0171790_17565175.gif


満足して部屋に戻りました。
寝ようと思ったけどやっぱり全然眠れない。

ぼんやり窓の外を見ていたら、外のみんながガスがかかっている斜面にむかって万歳したり手を振ったりしているではありませんか!

もしやこれは

ブロッケン現象では??

急いで外に出てみました。


やっぱりブロッケン現象でした~!!  
写真で撮るとなかなかわかりずらいのですが、写真の真ん中あたりに後ろに後光が差したような人影がぼんやり映ってるのですが、それがブロッケン現象です。
初体験です。
c0171790_17571186.gif

自分もやってたけど、みんなが斜面に向かって一生懸命両手を挙げてる姿が面白かったな^^

そのままテラスで寛ぎサキイカを食べながら、昨日穂高駅近くの西友で買ってきた日本酒大雪渓を飲む。
贅沢な時間です。
c0171790_17574746.gif


夕食は豪華でした!
ホント美味しい。
小屋の方の仕切りが完璧で、あの大人数の人たちがあっという間に夕飯にありつけました。素晴らしい。
同じテーブルのみんなで、ご飯やお味噌汁、お茶をよそいあって和やかな雰囲気。
c0171790_17582079.gif


食後はオーナーさんのお話とアルペンホルンの演奏。
とっても素敵なオーナーさん。
みんなも楽しそう。
c0171790_17585545.gif


c0171790_17591265.gif


夕飯後は素晴らしい夕日を堪能。
山ってホントに素敵だよなぁ。素敵な景色の中でみんながホントに楽しそうに見える^^
c0171790_17593145.gif


c0171790_17594783.gif


c0171790_180213.gif


c0171790_1801964.gif


c0171790_1803570.gif


テントサイトも夕日に染まっていました。
もうギュウギュウいっぱいだねー。
テント泊も楽しそうだなぁ^^
でも今回は山小屋堪能だね。
c0171790_1804931.gif


夜の星も素晴らしかったです。
c0171790_181384.gif


諦めかけてた海の日の連休の山登り。
こんなに素晴らしいお天気に恵まれて、楽しく山を登って素敵な景色を見て、スイカも食べて、美味しい物もいっぱい食べてブロッケン現象も体験して、夕陽見て、星空見て・・・・・
ホントに充実した1日だったなぁ。

こんな一日をこれからもっともっといっぱい増やして行きたい!って思いました^^

その5
[PR]

by pocomar | 2010-07-25 18:01 | 山登り

燕岳 その3

燕山荘に到着しました。

色々な山雑誌で見ていて一度泊まってみたいと思っていた燕山荘。
外観もとっても素敵!!
到着したみなさんがたくさんくつろいでます。
いいね~この雰囲気^^
c0171790_158410.gif


チェックインだけ済ませて、荷物も置いて、燕岳頂上へ出発。
頂上までは30分。
c0171790_16163072.gif


ここから見ても気持ち良さそうな登山道です。
さっきまでの尾根歩きと違って、稜線は風が冷たくて気持ちいい~。ちょっと寒いくらいです。
c0171790_15103489.gif


そして、登山道の傍にはコマクサの群落が!!
とっても繊細で、踏みつけられてしまったりすると、育つことができなくて、これくらい大きくなるのに何年もかかるんだそうです。
大切にしないといけませんね。
c0171790_15105568.gif


槍とコマクサ。
c0171790_15111479.gif


c0171790_15272997.gif


振り返ると燕山荘が見えます。
稜線に建ってるのがよくわかる。
ホントに美しい山ですね~。
c0171790_15113244.gif


c0171790_15115040.gif


c0171790_16411563.gif


バックには北アルプス裏銀座!!
c0171790_15261864.gif


気持ちいい^^ いいなぁ~。
c0171790_1512759.gif


c0171790_15122093.gif


岩を登りきると頂上。
c0171790_15123523.gif


登頂でーす!!
c0171790_15125122.gif


記念写真。
c0171790_1513758.gif


頂上はとっても狭いので、ちょっと先に下ったところで休憩。
今回一番美味しかったおやつこつぶっこ
もりもり食べていたら・・・・
c0171790_15225123.gif


岩の陰に
ライチョウさんがいました。 
c0171790_15132523.gif


ずーっと砂浴び(?)してました。
唐松岳で、ほんのちょっと見かけたことがあったけど、しっかり会えたのは初めて♪♪嬉しい^^
c0171790_15134015.gif


この山は奇岩がいっぱい。
ちょっと違う星に来たみたいな感覚になっちゃう。
c0171790_15135824.gif


c0171790_15141569.gif


帰り道、若いお2人に写真を頼まれて
「イルカと槍でお願いします!」と言われて気づいた、イルカ岩。

お~こんなところにいたのですね。
言われなかったら見つけられずにいたかも、ありがとう^^
c0171790_15143379.gif


イルカにしか見えませんねー。
c0171790_15144877.gif


燕山荘から頂上への道は、思った通り楽しく行ける道。
景色がとにかく素晴らしかったです。
来て良かった。
c0171790_1515352.gif


その4へつづく
[PR]

by pocomar | 2010-07-22 15:15 | 山登り

燕岳 その2 合戦尾根

穂高駐車場から乗合バスに揺られて1時間ちょっと、6時頃中房温泉に到着。
途中、穂高駅としゃくなげ荘に寄って、バスは満員になりました。
中房温泉までの道は、とっても細いくねくねの山道で、運転して来なくて良かったーって思った。
登山口に近づいてくると、登山する方達の車がいっぱい路駐されてて、バスはすれ違うのに大変なところもありました。
c0171790_19242560.gif


c0171790_19371617.gif


登山口には、これから登るたくさんの人がいて、わくわくするね^^
c0171790_19244774.gif


6時30分 出発!!
合戦尾根を登ります。
実は今回は『ためしてガッテン!』でやっていた、超ラク山登り術 っていうのをためしてみよう!って計画していたのでした(笑)
実録、ためしてガッテンです。

登ります、登ります。
でも、ゆっくり、ゆっくり 演歌を口ずさみながら♪(テレビでは声に出してと言ってましたが、さすがに心の中で口ずさみました)
ああ~川の流れのよ~に~ ♪ ♪ 今回はこの曲で(笑)
c0171790_1925339.gif


歌を口ずさんでも苦しくならない程度に、ゆっくりゆっくりと歩きます。
カメ登山です。
でも、着実に登って行ける!
木々の緑と青い空、時々爽やかに吹き抜ける風を感じながら歩けます。
c0171790_20271257.gif


驚きです!!!
急な山道を登ってますが、私余裕で笑ってます!!!後ろを歩いてるTomoも同じでした。
ほとんど苦しくない。多分心拍もそんなに上がってなかったんじゃないかな?
なんだ~これは~!
c0171790_19252323.gif


あっという間に第一ベンチを通り過ぎ(ありえなーい!)第二ベンチ、第三ベンチで水分補給。
富士見ベンチからは、その名の通り富士山が見えました!
c0171790_19311016.gif


富士見ベンチを過ぎた頃からお腹が空いてきた。
気温もかなり上がってきて、汗だくです。

合戦小屋に着いたら絶対スイカが食べたいって思っていた私は、いつの間にか心の中は、
演歌から・・・・「スイカ、スイカ」に変わっていました。

そして、これが噂の『合戦小屋まであと7分』の看板ですね~。うれしぃ~
c0171790_19254624.gif


あと3分。気分は盛り上がります。スイカ、スイカ、スイカ、スイカ ♪ ♪
でも、足取りはゆっくりゆっくり。
c0171790_19332348.gif


9時 合戦小屋到着です。

とっても賑わってて素敵なところです!!
さっそくスイカの列に並びました。
スイカ担当のお兄ちゃんは大きな包丁で、とっても上手に切ってくれます。
c0171790_19474497.gif


1/8カットを半分にしてもらいました。
嬉しそうな顔ですね、笑えます。
c0171790_19494053.gif


お塩をちょっとふりかけて、ガブリ!
甘~い!! 
冷たくて美味しすぎます!!
こんなに美味しいのは初めてって思うくらい美味しかった。
c0171790_19562412.gif


合戦小屋サイコー!!
c0171790_19501454.gif


合戦小屋を過ぎると、だんだん開けた感じの登山道になってきます。
c0171790_20532792.gif


おじさんが「槍が見えるよ~」と教えてくださいました。
元気が出ます^^
c0171790_21583082.gif


槍ヶ岳がどんどん近づいてきます。
c0171790_2225555.gif


c0171790_2053584.gif


登ります
c0171790_20542566.gif


登りまーす
c0171790_20544826.gif


燕山荘が見えてきました!
c0171790_2055338.gif


最後まで、登りが続きます。
c0171790_2058983.gif


10時25分 燕山荘到着
お疲れさま~。

カメ歩行だったけど、結局コースタイムより30分以上早く着きました。
ためしてガッテンすごい~。

楽しかったぁ。
c0171790_20582746.gif


この後は燕山荘にチェックインして、燕岳の頂上を目指します!

その3
[PR]

by pocomar | 2010-07-20 19:35 | 山登り

燕岳  出発までの話

海の日の三連休は絶対に山に行こう!!ってずーっと前から考えてました。
候補は白馬岳、鹿島槍ヶ岳のどちらかに2泊3日で。
なのに・・・ずっと大雨でしたから金曜日くらいまでは完全にあきらめていたのです。

毎日毎日天気予報と天気図を見ながらTomoにも
「天気が悪いんだからしょうがない」って言われて、わかってはいるのになかなか諦められず。
でも、どんどんお天気は良くなってきて、なんと梅雨明け宣言も!!

それでも、土砂災害のニュースを見るたびに登山道の様子はどうなっているか不安で、ネットで調べて安全な1泊2日で行ける山の候補選び。
仕事から帰ってきたらTomoが
 「燕岳はどう?」 って
私が考えてたのと一致!!
そうと決まれば準備準備♪♪♪
c0171790_17123868.gif


その2へつづく

More
[PR]

by pocomar | 2010-07-20 16:41 | 山登り

蛇谷ヶ峰 後編

前編はこちら

朽木スキー場への分岐の広場です。ここまで来ると頂上まであと200m。
木も低くなって明るい。
朽木と反対側の琵琶湖が見えるようになります。
c0171790_2274575.gif


ここから頂上までの200mの登りが素晴らしく景色が良くって


気持ちいぃ~!! 
c0171790_22112232.jpg


c0171790_22141526.gif


c0171790_2218436.jpg


下に見える高島の町の田んぼや山がミニチュアみたいに見えてとってもキレイ。
琵琶湖もやっぱり素敵だね~!!
もっと空気が澄んでると、この季節雪の白山も見えることがあるそうです。
c0171790_2219287.gif


楽しく登って来ましたが、とうとう頂上に着きました。
広々した頂上です。
いきものふれあいの里センターが作った、『蛇谷ヶ峰山頂』の看板がとっても可愛かったな♪♪
c0171790_22242196.gif


ここまで登ってくるまで、実は一人しか人に会いませんでした。
でも頂上に着いたら、別のコースから来たというグループの方々がいらっしゃいました。とっても楽しそう。
Tomoが記念撮影を。
c0171790_22293679.jpg

なんだか知らないけど、Tomoは人に道を尋ねられたり写真撮影を頼まれたりすることがとっても多いのです。害がなさそうな雰囲気を醸し出してるのか???

撮影も終わり、さっそくお昼ごはん。
今日は手作りオニギリと、バーナーでお湯を沸かして永谷園のあさげです!
c0171790_22355366.jpg


このオニギリ、実はもの凄く大きいです(笑)
c0171790_223668.gif


そして、お味噌汁をかき混ぜようとしたら、お箸もスプーンも忘れてきたことに気付く・・・。
そんな時は、オニギリを包んでいたアルミホイルで即席スプーンです(笑)これでワカメも食べることができました。
c0171790_22473627.gif


景色を見ながら琵琶湖側を向いて座ってお昼ごはんを食べてました。
下の右側に見えるのが岳山と岩阿沙利山などのリトル比良。
本によると、そこも縦走できるらしい。
c0171790_22404041.jpg


とにかく気持ちの良い頂上です。
のんびりしたかったけど、灰色の雲が広がってきたので食べて下山開始です。

ホントに素敵な山です。

下りのヒダサンショウウオの谷方面への道、距離は短いけどほとんど階段でずーっと下り続けます。
階段は上りも下りもちょっと苦手です。
c0171790_22514067.gif


階段は嫌いだけど、このコース下の朽木の町や山を見ながら下れるから気持ちはいいの。
あっという間に下れちゃいます。
上りには使いたくないコースかな。
c0171790_2256992.jpg


下の方は枯れた木が多かったなぁ。なんでかな?病気?寿命?なんだかちょっとさみしい風景でした。
c0171790_22582025.jpg


到着して、いきものふれあいの里センターを見学。

ツキノワグマの剥製です。
c0171790_236294.jpg

初めて見た!思ったより小さいけど実際に遭遇したらきっと固まっちゃうなぁ~。
色々生態や出会ったときの対処法なども展示してありました。
熊はもともと臆病だから出会わないようにこっちの存在をアピールしながら歩くのが一番のようです。
今回も大きな音の熊鈴鳴らしながら歩きました♪

そういえば草津白根山の時、突然獣のニオイがして怖くなってTomoと2人で

は~だかの~♪王様が~やって来たやって来た♪やって来た・ぞ~♪♪ 

と、繰り返しずーっと歌いながら下山した思い出があります。誰にも会わなかったから良かったけど、けっこう恥ずかしい。

c0171790_2322671.jpg


ここ、地味な施設ですがけっこう楽しいです。
無料だし、是非ついでに寄ってみるのもお勧めです。

蛇谷ヶ峰、とっても楽しかったです。
カツラの谷コースは変化があって飽きることがない歩いてて楽しいコース。

冬、雪がいっぱい積もったら私達は頂上までは無理かもしれないけど帰りに通ったコースなら雪の量次第では行けるかもしれないなぁって思いました。
頂上を目指さなくても、スノーシューで下の森を散策するだけでも、とっても楽しそう。

ふれあいの里センターの周りには、セラピーロードとかなんか色んな名前のついた道がいっぱいあるようでまだまだ奥が深いです。

おしまい。
[PR]

by pocomar | 2009-12-08 13:33 | 山登り

蛇谷ヶ峰 901.7m  [滋賀県高島市] 前編

日曜に登った蛇谷ヶ峰。
登山コースはとっても豊富で7コースあるんだそうです。

今回は『滋賀県の山』に載っていた、県立朽木いきものふれあいの里センターから出発して、カツラの谷方面から頂上へ向かい、ヒダサンショウウオの谷方面に下ってふれあいあいセンターに戻る、というコース。(センター開設と同時に作られた登山コースなんだって)

ふれあいの里センターは駐車場も広いしトイレもあります。
9時、アミノバイタルゼリーを飲んで、登山者カードを記入して出発でーす!
c0171790_1329687.gif


歩き始めは落ち葉でふかふかの歩きやすいハイキングコース。
c0171790_1332599.gif


小さな沢をいくつか越えていきます。
c0171790_133533.gif


ちょっと行くと通行止めになってて(崩落かな?)、斜面に迂回路が。
ジグザグ斜面を登っていきま~す!
このジグザグ斜面を登ったら、ちょっと近道できちゃって上に直登なのか!と思いきや、またまた下って、結局崩落したところを越えただけのようです・・・遠回り。やっぱり迂回路でした。
ジグザグ登りも楽しく感じる。今日はOKです♪♪
c0171790_13362552.gif


今日はなぜかとっても元気な私です。
いつも歩き始めはなかなかリズムがつかめなくてシンドイんだけど、今日は身体がとってもラク。
テクテク歩けちゃいます。
やっぱり暑さが苦手な私は、冬の山歩きの方が調子が良いみたい。
この時の気温は多分3℃とかそんなものだと思います。
c0171790_13381890.gif


一時間半弱でカツラの谷に到着。想像以上に広々してます。

大きな立派なカツラの木と滝があって苔むしてて、ちょっと屋久島の白谷雲水峡みたいな雰囲気。
落葉して葉っぱはもうついてないけど、本物はもっともっと立派で、来年は新緑や紅葉の季節に来てみたな~って思いました。
c0171790_13451870.jpg


c0171790_13452921.jpg


c0171790_13453844.jpg


倒木や沢があちこちあるんだけど、この山は赤いテープの目印が、とってもわかりやすくついているので道を見失うことはありません。
c0171790_13474116.gif


カツラの谷を過ぎると明るい道が続きます。
お天気が良いし、もうこの季節になると日差しをさえぎる葉っぱも落ちてしまってないから、ぽかぽかお日様の光がいっぱいでとっても気持ち良いです~。
c0171790_13574582.gif


途中の見晴らしの良いベンチでおやつタイム。
c0171790_14111838.jpg


この道気持ちは良いけど、ヒダサンショウウオの谷分岐前後からは階段の登りが増えてくるのでけっこうな筋トレになります。
階段はやっぱりツライです~。
最初は余裕で「Tomo大丈夫?」なーんて声をかけたりしてた私ですが、この頃には「Tomo先に行ってね~」ってお互い先頭を譲り合う(笑)
c0171790_1452414.jpg


頂上と朽木スキー場への分岐。あと200mで頂上です。
こんな案内板がコース中あちこちにあって、とっても安心。
歩いててあとどのくらいかな?って考えることが多いんだけど、ここのコースはいい感じに看板があるのですごくいいです。
c0171790_14162493.jpg


長くなりましたので続きの頂上までは、後編へつづく。
[PR]

by pocomar | 2009-12-07 13:50 | 山登り