月山 1984m [山形]

8月15日(土) 晴れ
楽しみにしていた月山。
涸沢も乗鞍のキャンプも土砂降りだったからね.....今回こそは晴れて欲しいっ!!と強く願って毎日毎日天気予報チェックばかりしてました。
その願いが叶い、今回は晴天で~す。
c0171790_22325639.jpg


私は中学生のときに一度登っているので、20数年ぶりの月山。
やっぱり東北の山はいいです!!
大きくてのびやかで、デーンとしてます。

朝3時に実家の村上を出発して、5時半月山八合目レストハウス到着。
今回は、そこから出発して頂上往復ののんびりコース。往復4時間半くらい。
ゆっくり準備して6時半に歩き始めました。

歩き始めるとすぐそこには弥陀ヶ原の湿原があります。
前にTomoときた時には、この弥陀ヶ原の散策だけして帰ったこともあります。ここだけでも見る価値あり。
お花が咲いてる時期ならもっともっとキレイなはず。
c0171790_22353669.jpg


後ろを振り返ると、雲の向こうに鳥海山が見えます。
c0171790_224022.jpg

他にも、秋田駒ケ岳や八幡平、岩手山、焼石岳、栗駒山などなど色々見えたようですが、どれがどれだかさっぱり??(笑)
上の写真の鳥海山しかわかりませんでした。
しかし、何山かわからなくたって景色は素晴らしかったです。
c0171790_2355716.jpg


下に見えるのが九合目にある仏生池小屋。
c0171790_22425538.jpg


こんな景色がずっと続くんですよー。とっても気持ち良く歩けます。
雪もまだ所々に残っていました。
c0171790_2239497.jpg


とにかく広々していて、気分がふわ~っとする感じ。山っていいなぁってまた思った。
c0171790_22443325.jpg


今回楽しかったのは、頂上付近で見たヘリコプター。
荷物を運ぶのに何度か往復してました。
あっという間に行ったり来たりしてかっこよかったなぁ。
頂上にバイオトイレがあったけど、ああやって水や飲み物なんかを運ぶんだね。
お金かかってるんだね。
ちゃんと100円払ってトイレに入ろう!!って思った。
c0171790_22285790.gif


c0171790_2248592.jpg


こうやって写真を見てるとわかると思いますが、登山道はほとんどが石で時々木道。
意外と歩きにくくて、特に下りはいつもより足が疲れました。
c0171790_22494293.jpg


そして頂上。
頂上には月山神社があります。
500円お納めしてお祓いをしていただいて参拝します。
ちゃんと神主さんがお祓いしてくれるので、とってもありがたい感じがします。
c0171790_22482872.jpg


今年は12年に一度の丑年御縁年ということで、今年お参りすると12年で一番ご利益がある年なんだって。
c0171790_7235924.jpg


頂上付近はお花もたくさん咲いてた。
c0171790_2251070.jpg


c0171790_22581343.jpg


c0171790_22523588.jpg


これはチングルマ?これがとっても可愛かった。
c0171790_2247188.jpg


c0171790_12534249.jpg

[PR]

by pocomar | 2009-08-19 22:52 | 山登り

涸沢テント泊レポート 後編

涸沢ヒュッテに着いて、ホッとしたのもつかの間、次はテント設営。

ヒュッテを通り過ぎてテント場に行ってみると、なんと・・・ほとんど雪です。
c0171790_12441773.jpg

少し残ってるくらいかと思ってたので、ちょっと驚きました。「去年のみんなのレポートと違いすぎる・・・・」

そして、山でテントを張るのは初体験だった私達は、お隣のテントとの距離感がわからない。
「あんまり近すぎても悪いのかなぁ、でも場所ないしなぁ、みんなから離れると不安だしなぁ」
やっぱりへなちょこです(笑)
でも、悩んでても仕方がないので、ちょうどテントが張れそうな隙間を設営場所に決めました。
(朝起きたら、もっとその更に隙間にまたテントが張ってあって、山ではこんなもんなんだなぁと納得。体験してみると色々わかります)

ペグで固定して、更にロープを石で固定します。(翌朝ペグの回りの雪が融けててゆるゆるになってたから、大きな石で固定しておいてホントに良かった~風で飛んじゃうよね)
今回テント泊のために購入したのはモンベルのクロノスドーム2型です。
中が広々してて快適で換気が良さそうだったのと安かったからね。設営もすごく簡単だったし。
c0171790_13315895.jpg

雪の上のテントって思ったより寒くなかった。でも直に座るともちろんお尻めちゃくちゃ冷たいですがサーマレストを敷いてれば平気だし、テント内ではほとんどシュラフ(モンベル アルパインダウンハガー#5)に半身入っていたので大丈夫でした。
気温は10℃以上あったのでそれほど寒くはありませんでしたが、小さくたためるダウンは持って行って大正解。
ただでさえ天気が悪い時に寒いと気持ちが凹む気がするからね。
c0171790_14472784.jpg



設営も終了して、楽しみにしてた涸沢ヒュッテのパノラマ売店のビールとおでん♪
こんなお天気だけど、ここで味わうビールとおでんは最高!!!
c0171790_13374993.jpg
c0171790_13381080.jpg


夕ごはんは、ひるがの高原名産みそっこチキンを炒めてアルファ米との混ぜごはん。
これがとっても簡単で美味しかった。
c0171790_13403857.gif


雨で外に出るのも億劫だし、ヒュッテの展望テラスにフラフラ行ってみたりしながら涸沢を満喫(悲)
でもこのカールとテントの景色を見ると、涸沢に来たんだなぁとなんだか感慨深かった。
c0171790_1345439.jpg


夜になっても雨は降ったり止んだり。
そのうち他のテントからいびきが聞こえ始めてきた(笑)
この頃はまだ良かったの。

夜が更けてくうちにどんどん風と雨が激しくなってきて。
遠くからヒュ~~~っと風の音が聞こえてくると、それがどんどん近づいてきて、ビュビューーって吹いてそのうちテントがものすごく激しくガタガタ揺れる、大粒の雨がダダーッって感じで降るの繰り返しが結局朝まで続いた・・・・台風か?ってくらい。
そのたびにテントが飛ばされて雪渓を滑り落ちていくんじゃないかと、そんなことばかり考えてほとんど一睡も出来ず・・・・・。怖かったぁ。
あんなに朝が待ち遠しかった夜は今までなかったと思う。
他の人たちもけっこうガサゴソしてたし眠れなかったみたいね。

朝になって明るくなってきてすごく安心したのをよーく覚えてる。
太陽の力って偉大です!

朝はご飯作る気力も無く、菓子パンとカロリーメイト食べて。
このお天気、下山も不安だし他のグループの後ろについて行こうって決めて早々に撤収して下山できる準備万端にしておいた。

でもアイゼンを持ってなかったし、下りの雪渓が心配だった。
そしたらヒュッテで1000円でレンタルがあって、「もう雪渓も安心して下れるね~良かったぁ」と、かなりホッとしたのでした。

アイゼンの威力は絶大で、下っててすごく安心で全然すべることもないし、気分的にも余裕ができました。
やっぱり心の余裕に装備をちゃんとすることは大事ですね。

帰りは、みんなの列に混じりながら安心して下山。
本谷橋までは渋滞で驚き~。

本谷橋を過ぎて、そう言えば屏風岩を見ていないことに気づく。
行きは必死だったのか、ガスで見えなかったのかわからないけど、帰りはちょっと余裕が出来て見ることが出来ました。
大きくて立派です。
こういう景色を見るために山に来てるんだ!疲れもすっかり吹き飛んじゃう。
c0171790_14254848.jpg


横尾は今日も人がいっぱい。
槍ヶ岳に行く人、涸沢に行く人、帰ってきた人たちでなんとなく賑やかで楽しい。
c0171790_1523995.jpg


その先の徳澤園でカレーとソフトクリームを食べて帰りました。
c0171790_14273265.jpg


上高地バスターミナルでは、こんなお天気なのに観光客がいっぱいで(3連休だしね)バスに乗るのも30分以上待ちました・・・とほほ。
雨で濡れてるし、疲れてるしじっとして待ってると寒くてしょうがなかった。
もしこれが山の中でこんな状態だと低体温症で遭難してしまうのかもね。
寒い状態でじっとしてるのは怖い。

あと、今回の山でTomoと私の携帯電話が水で壊れました(泣)Tomoなんかジップロックに入れてたのに~。も一つ、わたしのi podも動かなくなりました~(泣)いつも持っていかないのに、今回にかぎって・・・・・・・・・。
損失は大きかったけど、今回得たことは大きかった。本当に行って良かった。
まだその先の穂高には登れそうもないけど、ここまでテント担いで登ってこれたということに大満足でした。

次は絶対晴れた日に涸沢に行くよ~!!

そしていつか技術と体力をつけて、その先へ!!
[PR]

by pocomar | 2009-08-03 14:15 | 山登り