唐松岳 その3 

満天の星空でしたが、太陽が沈んでからははかなり寒かったのです。
ものすごい重ね着をしていました。(長袖Tシャツ+インナーダウン+フリース+薄いウインドブレーカー+レインウェアに帽子、手袋装着してホッカイロも貼ってた!下はトレッキングタイツに長ズボン、山頂に行くときはレインウェアのパンツもはいてました。ありったけ着込んだ感じ(笑))

翌朝は4時半起床。
5時半前に唐松岳頂上に向かって出発。山荘から頂上までは約20分と近い。
目的はご来光!!
夜明け前の山道を登っていきます。
c0171790_13192058.jpg


山荘裏の山の上にもたくさんの人がご来光待ち!人がいるのが見えるかな?
c0171790_21203865.gif


頂上に着くと、みなさんも今か今かと待っていました。
こういうの、ホントにたまらなく楽しい!寒いけど風もないしお天気も良い!
c0171790_21262081.jpg


しばらく待っていると雲でなかなか顔を出さなかった太陽が昇ってきました~!!!
c0171790_2134216.gif


c0171790_2253327.gif


なんだか私とっても嬉しそうだね~。それにしてもこれは何のポーズかわからないけど(笑)
c0171790_21391731.gif


後ろには剣岳
c0171790_21464478.gif


不帰ノ嶮(かえらずのけん)も朝陽に照らされてくっきり。Tomoは恐る恐るのぞき見に行く(笑)
ここを越えて白馬まで行く人たちが進んでいきます。いつかは行きたいなぁ。
私達にも行ける日が来るのかな?
c0171790_21524115.gif


空気が澄んでるせいか遠い富士山まで見えました。
c0171790_21563346.gif


青空と、ハイマツの緑がきれいだったな。
お天気が良い、それだけで幸せだね~。
c0171790_22113487.gif


その2  その4
[PR]

by pocomar | 2009-09-29 13:36 | 山登り

唐松岳 その2 (テント場)

唐松岳頂上山荘に到着して、まずはテント泊の申し込み。
一人500円+トイレ使用料200円の2人で1400円。やっぱり安っ!!
小屋に泊まったら2食付で一人9000円だもんね~。
(飲用水は山荘でペットボトルで買えます。今回はTomoが4ℓも担いでくれたので買わずに済みました!Tomoちゃんに感謝です)

テント場は山荘の前の斜面に25張分あります。
遅くなるほど下になって、ただでさえ遠い山荘(トイレ)が更に遠くなるので急いで設営。
我が家はちょうど中間地点くらいの場所を確保できました。ここで中間だからね~もっと下の方々は大変だね。
登りはけっこうツライのです(笑)山荘まで5分くらい。
c0171790_14571370.gif


でもでも、トイレは遠いかもしれないけど、ここのテント場はサイコ~!!

だって
c0171790_1561147.gif

剣岳が真ん前なんですよ~!!

そして左には五竜岳
c0171790_15465139.gif


右は唐松岳山頂
c0171790_151159100.gif


もう山に囲まれまくり(=^▽^=)です。

あ~晴れた日の山でのテント泊ってなんて素晴らしいんでしょう!!
前回の大雨の涸沢での初のテント泊でくじけなくて良かったって思いました。

目の前の剣岳は、時間ごとにどんどん素敵な姿を見せてくれて、私は暗くなるまでず~っとテントの上の斜面で見とれていました。
c0171790_15215654.jpg


雲海と変わっていく空の色がとってもキレイでした。
c0171790_2127579.gif

c0171790_152422100.gif
c0171790_15263564.gif

c0171790_13353286.gif

c0171790_15275671.gif
c0171790_15303648.gif


夜は、この景色に負けない、というかそれ以上の満天の星空でした。
天の川が真上に広がって、山のシルエットとその星空がもうすごいっ!!!
寝ていたTomoを起こして(実は私がトイレに行きたかったの)星空を見せてあげました。
これは今でもTomoに感謝されてま~す。

でも・・・星空を撮る方法がわからず、あのすごい星空の撮影はできませんでした・・・。
残念だけど、カメラを勉強して次こそは!

それにしてもすごい星空だったなぁ~。

その1 その3
[PR]

by pocomar | 2009-09-25 15:33 | 山登り

唐松岳 その1 (八方アルペンライン~唐松岳頂上山荘)

シルバーウィーク前半は北アルプスの入門コースと言われている、唐松岳登山に行って来ました。
今回は八方~唐松岳の往復で唐松岳キャンプ地でのテント泊。
我が家のレベルにはぴったりのいつも通り無理のないコースです(笑)

天気予報も良い感じだし、今回こそは晴れた日の山のテント泊が出来るとワクワクして出発。

行く気満々でTomoは金曜半休を取りまして夕方6時に自宅を出発。
中央道の梓川SAを目指しました。
渋滞もなく途中の恵那峡SAで晩ご飯を食べて23時頃梓川SAに到着。
駐車場はけっこう混んでて、登山行くぞーって感じの人たちもいっぱい。さすが梓川SAだよね~。
そこで、車中泊。

朝4時起床。SAの駐車場は車でいっぱいで停めきれない車が車道にまで溢れてた。
早く着いて良かった~。
支度をして豊科ICを降りて白馬八方尾根スキー場を目指します。

今回の登山は八方アルペンラインというゴンドラとリフト2つを乗り継いで1830mまで行っちゃうコース。
乗り場まで徒歩10分の第三駐車場に車を停めました。(無料)
c0171790_21283788.jpg


この時期は7時半からゴンドラが運行開始。並んで往復乗車券を購入。
これから山を登っていく方々でいっぱい!
ワクワクするね~。

ちなみに、荷物10kg以上だと手荷物料金400円かかります。
窓口横にしっかりはかりがおいてあったので量ってみると、私の荷物は・・・9.4㎏だった!絶妙!!(笑)
Tomoはもちろん10㎏余裕でオーバー。
c0171790_21285861.jpg


こちらが乗車券。
c0171790_1684437.jpg


c0171790_21294834.jpg


8時20分 リフトが終わって八方池山荘からは展望コースを進みます。
右側には白馬三山が見えるはず。
c0171790_21301459.jpg


雲が切れると青空と白馬三山が見えます。
c0171790_21343631.jpg


気持ちいいです~。
c0171790_2140693.jpg


第2ケルンまできました。
c0171790_1813148.jpg


この辺からガスがかかってきて、八方池は暗い感じ・・・。帰りに期待。
c0171790_17333640.jpg


第3ケルンもガスの中。周りの景色は何にも見えませーん。
この日はもの凄くおなかが空いて、このあとすぐに休憩してオニギリを食べました。
c0171790_21411283.jpg


その後もずーっとすっきりせずガスってたんだけど、これはこれでまた静かな感じで神秘的でした。
実はこの頃けっこう辛くなってるの。登りがずーっと続いてます。
c0171790_21413646.jpg


c0171790_2142781.jpg


c0171790_13224922.jpg


あちこちにあったチングルマ。夏と全然違う姿で、これもまたとっても可愛い。
c0171790_21432125.jpg


c0171790_14185771.gif


実は今回初めてライチョウに出会えました!
歩いてたら先にいたおばさま方がざわめいていて、何かと思ったらそこにライチョウくん!!
急いで撮影したんだけど・・・・・結果は下の写真です。あっという間に茂みに消えていきました。
見事、撮影に失敗でしたが出会えただけで嬉しかった♪
羽の色は冬毛に変わる途中の白とこげ茶色でした。
c0171790_17412922.gif


c0171790_21515320.jpg


崩壊部分は鎖や桟橋がありますが、写真で見るほど実際高度感はなく、心配なく進めます。
c0171790_17435836.jpg


c0171790_17454650.jpg


少し進んでいくと山荘が!
c0171790_17502035.jpg


11時30分、唐松岳頂上山荘に到着。お疲れさま~。
c0171790_2253124.jpg


続きはまた後で!

その2
[PR]

by pocomar | 2009-09-21 17:50 | 山登り

行ってきました! 唐松岳

c0171790_11444927.jpg


c0171790_11244178.jpg


19日から北アルプスの唐松岳に行ってきました!

良かったです~ホントに感動しました。

レポートはちょっとずつアップしていきたいと思ってます。

とにかくいっぱい写真を撮り過ぎて、只今選ぶのに大変苦労してます(笑)
[PR]

by pocomar | 2009-09-21 11:35 | 山登り